高等学校卒業程度認定試験の難易度はどのくらい?

高等学校卒業程度認定試験とは、略して高卒認定と言われるもので、合格すれば、高校を正規に卒業していなくても、卒業したことと同じ資格を得ることができるわけです。

高校を理由があって卒業出来なかった人たちの中には、人生の次のステップを進みたい、またやり直したいという思いを持っている人もたくさんいます。

そういった方のために、高等学校卒業程度認定試験が存在しています。
そのため、試験の難易度は高くなく、できるだけ多くの認定者を出したいという思いの元に考えられています。

しかし、合格率はあまり高くありません。
年々、受験者は増えているにもかかわらず、どこか自分は無理だとか、受からなくてもしょうがないと思っている人が多いことも確かです。

高等学校卒業程度認定試験を受けるか受けないかは、その人の自由です。
しかし、受けるからには、中学校時代の勉強から復習し、自分でチャレンジするという気持ちが大切です。
合格率は4割程度となっていますが、きちんと勉強すれば決して難しい問題ではありません。

カテゴリー: 高校卒業   パーマリンク

コメントは受け付けていません。