高等学校卒業程度認定試験の合格率は結構低い?

高等学校卒業程度認定試験を知っていますか?いわゆる大検の高校生版だと言えば、理解も早いと思います。
何かしらの理由で高校を卒業することが出来なかった人を対象に、ある一定の試験に合格すれば、高校を卒業したことと同じ認可を与えるというものです。

人によって、捉え方は様々でしょうが、高等学校卒業程度認定試験は、決して難しくはありません。
かつての大検と違い、出来るだけ多くの人に勉強した実績を残してあげたいと思って出来た試験です。
問題を難しくするのではなく、チャンスを増やしていると思ったほうが自然でしょう。
年に2回になり、実際に受験者数も増えています。

それなのに、毎年の合格率はあまり高くないのが現状です。
合格率が高くないからといって、問題を簡単にするのでは意味がありません。
最低限でいいのです。

100点満点中の40点をとることができれば、合格となります。
毎回ばらつきはありますが、平均すると合格率は4割程度となっています。

カテゴリー: 高校卒業   パーマリンク

コメントは受け付けていません。