遠視と眼精疲労

最近は、多くの人が長時間コンピューターの前で過ごすことが多くなっています。今や日常生活の一部にもなってしまっていますので、どうしても目を酷使しがちです。
さらに、食生活の乱れや空気の乾燥等でも、目にトラブルを起すことがあります。

このようにしていると、それらが眼精疲労の原因となります。
そもそもこういった状態になるには、日々のストレスや過労等さまざまな要因を経て、目の疲労にいたることもあります。
また、明かりが不十分な場所での読書等も目に疲れを起こします。
これらはすべて外的な要因ですが、実は自分自身で気がつかないうちに遠視や近視によっても、眼精疲労が生じてきます。さらに、乱視では、最も目が疲れやすくなります。
また、遠視の人は、加齢に従って、目の疲労を訴える人が多くなってくるのです。

眼精疲労を治療するには、いろいろな方法があります。目薬、鍼灸、ビタミン、マッサージ、等、それらは、人によって効果の出方も異なってきますので、まず自分にあった方法を探すことと、さらに、日頃のパソコン使用時間等の管理に心を配りましょう。

カテゴリー: 視力回復   パーマリンク

コメントは受け付けていません。