記憶力アップにつながる受験生の食事

受験生は日夜、一分一秒を惜しんで勉強に励んでいることと思います。
寝る時間を削って頑張っているのですから、ゆっくりと食事を楽しむなんて夢のような話かもしれません。
机に向いながら携帯用の栄養補助食品などで済ませたりする人も少なくないでしょう。

しかし、栄養が偏っていると体力が落ちて風邪をひきやすくなり、更に脳の働きも悪くなってしまいます。

受験生の食事は特に栄養バランスが重要です。
タンパク質やビタミン類は脳の働きを活発にし、レシチンは記憶力を高めるのに効果があります。
カルシウムは集中力が高まるだけでなく精神を安定させる働きがあるので、イライラの減少にもなります。
また、眼精疲労回復には食物繊維とタウリンが非常に効果的です。
栄養バランスの良い食事は記憶力や集中力アップにつながり、勉強の効率がよくなります。
一日3食よく噛んでしっかり食事を摂ることは決して時間の浪費ではなく、体にとっても脳にとっても欠かせない大切なことなのです。

カテゴリー: 受験生   パーマリンク

コメントは受け付けていません。