視力回復のメカニズム

視力回復のメカニズムの前に、視力低下が進んでいく流れを説明します。
まず仮性近視を早めに気がついて、処置をすれば治る可能性がありますが、何もせずにそのまま放っておくか、あるいは眼鏡をかけ始めると真性近視へと進行してゆきます。

そして、近視が進むにつれて、眼鏡のレンズでどんどん矯正して、度数を変え続けるということをします。
眼鏡をかければ、近視は進みますが、あまりに強度の近視になってくると、今度はレンズで矯正をしても、それほど視力の向上が期待できなくなってきます。

そして、眼精疲労がしょっちゅう起こり、目が乾くドライアイになったり、さらに悪化してゆくと、緑内障になるか、失明の恐れさえ考えられます。ですから、こうなる前に、近視の進行を止めて、視力を回復するように努力することが大切になってきます。
まずは、視力向上に向けてどんな治療法がよいか、また、基本的な食生活の見直しや生活習慣を整えるように意識することで、少しでも近視を抑制することが可能になります。

カテゴリー: 視力回復   パーマリンク

コメントは受け付けていません。