眼精疲労は治らない?

眼精疲労は、大変つらいものです。肩こりになったり、頭痛を患ったり、時には立ちくらみさえすることがあります。
おそらく、この状態に陥ると、目がごろごろしたり、目の奥まで痛くなったりしますので、どうにか治したいということで、目薬を差したり、漢方を処方してもらったり、あるいは、眼科医に相談したり、さまざまな治療法を試みると思います。

眼精疲労には、さまざまな原因があります。コンピューターをよく使う現代人は、長時間その状態で過ごします。
また、左右の視力が大きく違う不同視であることも考えられます。
目の疲れを感じる度に、目薬をつけても、横になっても、すぐには治らないのも厄介なことでしょう。
この状態を治すには、それぞれの人に合う方法は、皆違うかもしれません。目に違和感を感じたら、無理をせずにすぐ寝ることや休暇を取ることもひとつです。
仕事が忙しいからと言っても、不健康であれば、何にもなりません。
ストレスも大きな原因となっていますので、根本に存在する自分の原因を突き止めましょう。

すぐに治るものでは無いと覚悟して、生活習慣を変えていきましょう。
ただ、あまりひどい場合は病院を受診してください。

カテゴリー: 視力回復   パーマリンク

コメントは受け付けていません。