正しい受験生の夜食で勉強効率アップ

深夜遅くまで勉強されている受験生の皆さんは、夜中にお腹が空いてしまった時どうしていますか?
昼夜を問わず勉強している受験生にとって、お母さんが作ってくれる愛情一杯の夜食は、楽しみでもあり励みになりますよね。

バランスの悪い夜食は生活リズムの崩れや体調を悪くする原因となってしまいます。
受験生の夜食にはどのようなものがよいのでしょうか?

私たちの身体には体内時計があり、8時間毎に排泄、摂取、吸収、という3つの機能サイクルを繰り返しています。

夜食を食べる深夜から明け方にかけては、ちょうど日中に摂取した食べ物を消化吸収している最中なので、妨げにならないよう、脂質が少なく、消化の良いものを少量食べるようにしましょう。

牛乳や乳製品、野菜や果物はビタミンやカルシウムの補給に、卵や豆腐類は胃に負担がかからなくて良いと思います。

また、夜食は太る原因になりがちです。
受験勉強中は運動量が減るため消費カロリーも少なくなっているので、いつも以上にカロリーバランスへの配慮を心がけましょう。

カテゴリー: 受験生   パーマリンク

コメントは受け付けていません。