時間の流れとともに変化する受験生の必需品

受験生の必需品とは何でしょう。
私が高校生の時の受験生は分厚い辞書、複数の参考書や問題集が入っていて大きく膨れた重たい鞄を持ち歩いていましたが、最近の受験生の鞄が薄いことに驚きました。

分厚い辞書に変わって、最近はスマートな電子辞書が主流になっています。
タッチペンを使用して漢字や英単語を調べることができ、英語の発音を教えてくれる機能を搭載したものもあるそうです。
これならたくさんの辞書を買う必要もなく、とても便利ですね。

また、ニンテンドーDSも今や受験生にとって、かかせないものになりつつあります。
ここ1年ほどで電子学習用のソフトの種類が増え、国語、地理、歴史、公民、科学、英語など、その数は40種類以上にものぼります。
中には教科書の内容がそのままゲーム化されているものもあり、予備校でもソフト販売を行っているそうです。

合格祈願のお守りも最近は昔ながらのお守りではなく、携帯電話のデコレーション機能で作られた応援メールというもので、受験生同士で応援メールを送りあうのが流行っているそうです。

時代の移り変わりとともに、受験生の必需品も変化しているのですね。

カテゴリー: 受験生   パーマリンク

コメントは受け付けていません。