定時制でも修学旅行に行くことができます

定時制の高校の場合、昼間は仕事、夜は勉強となっているので、修学旅行に行く暇がないように思われがちですが、多くの定時制では修学旅行がちゃんとあります。
ただ、修学旅行がない定時制もありますから、入学する前に調べておいた方がいいかもしれません。

定時制の場合、勉強がメインになっていて、学校での行事は多くありません。
そのため、仲の良い友人とのふれあいの場はこういった修学旅行が貴重な時間になるのです。

同じくらいの年齢の友人と旅行するというのは、一生の思い出にもなりますし、中学の頃にひきこもりをしていたような人にとっては、初めての修学旅行かもしれません。

定時制だと、とにかく勉強するだけのイメージが強いですが、高校であることには違いありません。
生徒にいろいろな経験の場を用意して、社会に送り出す義務があるのです。
修学旅行があるかどうかを選ぶ基準にしてもいいくらい修学旅行で経験することは多いと思っていいでしょう。

カテゴリー: 高校卒業   パーマリンク

コメントは受け付けていません。