受験生でもバイトをしていいの?

受験生はバイトをする時間はないと思う人がいるでしょうが、実際はバイトをしている受験生はたくさんいます。
特に、親元を離れ予備校の近くに一人暮らしを始めた浪人生は、出来るだけ親の負担を軽くするためにバイトをしている人が多いようです。

部屋に篭りきりで勉強し、昼夜関係のない生活を続けるよりも決まった曜日の決まった時間に外に出て気分転換ができる、という点ではバイトをすることはとても有効かもしれません。
生活のメリハリがついて、勉強の効率アップも期待できそうです。

しかし、バイトが忙しく勉強時間がとれない、疲れてしまって勉強に集中できない、となってしまっては本末転倒です。
そうならないよう、無理のない範囲で続けられるバイトを探しましょう。

試験直前の追い込み時期に勉強時間を確保できることや、受験に合格した後のバイト継続可否については、最初の面接時に相談しておくことが大切です。

また、模擬試験や入学試験など日程が予め決まっているものは出来るだけ早めにバイト先に連絡するなど、職場に迷惑をかけることのないよう配慮することを忘れないようにしましょう。

カテゴリー: 受験生   パーマリンク

コメントは受け付けていません。