レーシックは18歳未満は受けられないのですか?

子どもでもレーシックを受けることができると考えている人もいるようです。
しかし、18歳未満の人は基本的にほとんどの眼科では施術を受けることができません。

18歳以上であっても、未成年の場合には保護者が承諾しなければ施術を受けることができなくなっています。

ただし、これは法律で決められているわけではありませんので例外があります。
自衛隊、競艇の選手や競馬の騎手など、ある一定の視力が必要となる職業を目指している人であれば、年齢に関わらず施術を受けることができます。

若い人が施術を受けることを制限されているのは、体がまだ完全に発育しているわけではないためです。
せっかく手術を受けても、発育途中であるために今後近視になることも考えられるからです。

無理に施術を行うことで、眼球の成長を妨げ、近視や乱視になる可能性もあります。
子供の場合は、眼軸の成長段階にもありますので近視がさらに進むことが多いのです。
成人すると視力がある程度落ち着いてきますので、それからであれば施術を受けることが可能です。

子供の近視の場合は、仮性近視といって手術を受けなくても治る可能性も高いです。

カテゴリー: 視力回復   パーマリンク

コメントは受け付けていません。