ドライアイの対策となる食べ物は何ですか?

毎日の食事の中で必要な栄養素を摂ることで、ドライアイ対策になります。
目に良い食品として良く知られているものに、ブルーベリーがあります。欧州では薬草として使われています。

ブルーベリーはそのまま果実を食べることももちろんできますが、サプリメントとして摂ることもできますので大変手軽です。
薬局やドラッグストア、インターネットの通信販売で簡単に手に入れることができます。

目に良いといわれている成分は、アントシアニンと呼ばれるものです。
これは、直接涙の量を増やすというものではありませんが、有害な活性酸素が体の中で作られるのを抑える働きがある成分です。

できるだけ、朝ブルーベリーを摂るようにしましょう。
そうすることで、一日の目の疲れを前もって防止できます。

その他にも目に良いといわれている食品に、カシスがあります。
ブルーベリーと一緒に摂ることによって、効果が倍増します。
カシスには、アントシアニンがブルーベリーの2倍ほど含まれています。

ビタミンも目の疲れを防止する働きがありますので、野菜や果物も対策となる食品だといえます。

また、水分補給も大切です。目薬もですが、水を飲むことです。
毎日2リットルの水を飲むようにしましょう。脱水効果のあるカフェインやアルコールは控えて下さい。

カテゴリー: 視力回復   パーマリンク

コメントは受け付けていません。