コンタクトレンズが目の裏側に入ってもあわてないで!

目の奥の方にずれることはありますが、コンタクトレンズが目の裏側に入るようなことはありません。
というのは、目の結膜は袋のような形になっていますので、レンズは裏まで移動することができないからです。

下や左右は特に狭くなっていますので、あまり奥までレンズが入りこむことはありません。
ただ、上の結膜は結構な幅がありますから、上方向の奥までレンズが移動してしまうことがあります。

奥の方にレンズが入ってしまっても、必ず取れますので心配することはありません。
ずれている方向と反対側を見ながらレンズを真ん中まで移動させます。目薬でたっぷりと塗らして、やさしくまぶたの上からなぞるように移動させましょう。

もし、あまりに奥に入り込んでしまい取れなくなってしまった場合には、無理にとろうとせずにすぐに眼科医に相談しましょう。
眼科医によってレンズを取り出してもらうことができます。

もしそのまま放置しても、失明など重要な疾患が起こることは考えにくいですが、あまりに長く放置しているとレンズの周りに肉芽腫というものができてしまうことがあります。

カテゴリー: 視力回復   パーマリンク

コメントは受け付けていません。