なぜコンタクトレンズを水道水で洗ってはいけないのか?

使い捨てでもそうでなくても、コンタクトレンズを水道水で洗ってはいけません。
特にソフトレンズは絶対に避けましょう。必ず専用の洗浄液と保存液を使うようにします。
これは、レンズを購入したときに説明書にもはっきりと書かれています。

普通の水にレンズをつけると、水分を吸収してしまうのでレンズが駄目になってしまいます。
レンズの形が変わってしまい、目に合わなくなってしまいます。

また、水の中には雑菌が含まれています。
ですので、これが角膜につくことによって目の疾患を引き起こしてしまう可能性があります。
レンズを濡らすために唾液につける人もいるようですが、これも菌がつく原因になりますので絶対にしてはいけません。

角膜に菌がつくことによって、その部分にカビができてしまいます。
水道の水の中には、アカントアメーバという微生物がいて、それが目の中に入ることによって失明する場合があります。
失明までいかなくても、目の重要な疾患を引き起こすことがあります。

カテゴリー: 視力回復   パーマリンク

コメントは受け付けていません。